Skip to content

やさしい日本語には、ゆめがあります。

日本(にほん)の あちこちで、こどもから おとしよりまで、
日本人(にほんじん)と がいこく人(じん)が 気持(きも)ちを かよわせる。
それが「やさしい日本語(にほんご)」の ゆめです。

 

 

これまで製作したビデオもあわせてご覧ください。


<やさしい日本語(にほんご)には、ゆめが あります。>


<「やさしい日本語」で、訪日観光客をおもてなし。>

世界には日本語を学んでいる人が想像以上にたくさんいます。

彼らは日本に来て、日本人と日本語で話したがっています。

特に日本語学習者が多いアジアからは、たくさんの観光客が何度も日本を訪れています。

そんな彼らが日本語で話しかけて来たら、

やさしい日本語」で堂々とおもてなししましょう。

英語でなくて、いいんです。


<柳川市作成、柳川「やさしい日本語ツーリズム」(ダイジェスト版)>


<柳川市作成、柳川「やさしい日本語ツーリズム」 柳川観光大使郭獻尹先生編>


<桂かい枝「やさしい日本語落語」>


<職場を変える、「やさしい日本語」 〜外国人スタッフと通じ合うために、日本人にできること〜>


<留学生は、日本語で話したいんです 〜「やさしい日本語バッジ」が変える、コミュニケーションのかたち。〜>


<みんなに優しい「やさしい日本語」 ~医療・福祉の現場で、もっと伝わる「やさしい日本語」~>


<やさしい日本語、外食産業でのこころみ始まる。>