Skip to content

やさしい日本語ツーリズム研究会とは

「やさしい日本語ツーリズム研究会」は、日本語教師養成講座大手ヒューマンアカデミー(株)の協賛による、産学連携のプロジェクト推進組織です。「やさしい日本語」や「日本語ツーリズム」に関して、メンバーそれぞれの専門性や立場から情報発信し、研究会ミッション達成を目指します。

2017年4月1日からはインバウンド観光客だけでなく留学生など国内の外国人にも注目し、外部との連携も強化することで「やさしい日本語の一般市民普及による社会変革」を提言していく予定です。

発足時からの研究会座長であった荒川洋平東京外国語大学教授は、研究会発足・初期の提言で大きな貢献をしていただきましたが、一定の役割は終えたとして研究会第一期の終了日2017年3月31日をもって退任されました。現在も外部よりアドバイスをちょうだいしています。

後任には、これまでもメンバーだった東海大学の加藤好崇教授が研究会の代表として就任します。東海大学での留学生教育の一方、観光接触場面の研究者として、国内も視野に入れた研究会2期目の活動に取り組みます。

ヒューマンアカデミーは今後日本人向けの「やさしい日本語」講座や、「やさしい日本語」の指導者養成講座を開発し、観光従事者や市民向けにサービスを展開していきます。

また事務局を運営する(株)電通は、インバウンドマーケティングに「日本語学習者」の視点を導入し、「日本語ツーリズム」による地方創生に取り組んでいきます。

<研究会メンバー>

  • 加藤好崇(かとう よしたか) 東海大学教授、研究会代表
  • ヒューマンアカデミー株式会社から1名
  • 吉開章(よしかい あきら) 株式会社電通、研究会事務局長
  • 青木優(あおき ゆう) 株式会社MATCHA
  • 横尾嘉信(よこお よしのぶ) 株式会社 横尾嘉信事務所

協賛:ヒューマンアカデミー株式会社
事務局運営:株式会社電通
協力:株式会社MATCHA

研究会発足発表日:2016年8月18日

研究会は当面現在のメンバーで構成し、関連する団体や外部サポーターの方々と連携してプロジェクトを推進していきます。

YNTSquarelogo-300x300