Skip to content

カテゴリー: ニュース

西日本新聞熊本版に「やさしい日本語 x VoiceTra」講演予定が掲載。

2019年6月12日に熊本商工会議所で昼夜2回行われる「やさしい日本語xVoiceTra」講座が6月6日西日本新聞熊本版で紹介されました。西日本新聞の「やさしい西日本新聞」企画でやさしい日本語の監修をしている日本語教師の伊東佳代さんのお名前も掲載されています。

Comments closed

「AIやさしい日本語」の提唱

2019年6月4日、VoiceTra技術周辺の関係者が参加する「グローバルコミュニケーション開発推進協議会」の部会に招待され、「多言語音声翻訳とやさしい日本語のインパクト」という題で講演いたしました。

講演では、「AI翻訳を使って共通の日本文からできるだけ多くの言語で高精度の翻訳結果を得るように調整された日本語表現」を「AIやさしい日本語」と名付け、今後の当研究会の啓発活動の軸の一つとすると発表しました。

Comments closed

総務省「デジタル活用共生社会実現会議」で「やさしい日本語」

2019年4月19日に発表された総務省「デジタル活用共生社会実現会議」報告書の「多言語対応・オープンデータの推進等」の筆頭に、「多言語音声翻訳へのやさしい日本語活用」が取り上げられました。国政レベルで法務省に続き総務省もやさしい日本語に取り組むことになりました。

Comments closed

毎日新聞が社説で「やさしい日本語」を取り上げました!

3月14日毎日新聞朝刊で、「やさしい日本語 外国人にも伝わる表現を」という見出しの社説が掲載されました。全国紙で「やさしい日本語」が社説に取り上げられたのはおそらく初だと思われます。世論の一つとして政府が認識しなければいけない段階に入ったということでしょう。

Comments closed

NHK「視点・論点」で明治大学山脇啓造教授が「やさしい日本語」を紹介。

2018年2月26日NHK「視点・論点」で、「多文化共生社会に向けて」というテーマで明治大学国際日本学部山脇啓造教授が出演し、「やさしい日本語」の重要性と政府による推進を提言しました。

Comments closed

小平市の「やさしい日本語x多言語音声翻訳」がBeyond2020の優良事例に。

2/22,武蔵野大学で開催されている「Beyond2020シンポジウム」で、小平市の「やさしい日本語x音声多言語翻訳」によるおもてなしが、10000件近い認定事例の中から、「バリアフリー対応や外国人対応の観点から、様々な工夫がみられるもの」と、特に優良な事例の一つとして紹介されています。

Comments closed

がっちりマンデーでMATCHAのやさしい日本語が取り上げられました。

当研究会メンバーである青木優代表が率いる株式会社MATCHAが、1月14日のTBSがっちりマンデーで「すごい社長が気になるあの会社」として取り上げられました。MATCHAが当初から提供しているやさしい日本語での観光紹介記事についても紹介されました。

Comments closed

「やさしい日本語」、外国人雇用における事実上義務化へ。

2018年12月14日日経朝刊1面で、改正入管法に関連し、企業の外国人雇用において「外国人が十分理解できる言語で支援できる体制を確保することを義務付ける」ことが盛り込まれると報道されました。

Comments closed

「やさしい西日本新聞」が「やさしい日本語」で記事配信開始。

西日本新聞が、ニュースの多言語化を見据え、日本語教育関係者やAI翻訳ツールを活用し、外国人にも関係のある記事を「やさしい日本語」でも配信する「やさしい西日本新聞」プロジェクトを開始しました。当研究会も協力しています。

https://www.nishinippon.co.jp/feature/new_immigration_age/article/471782/

Comments closed

初の「やさしい日本語」X「多言語音声翻訳」セミナー実施

2020年10月20日、小平市主催で「やさしい日本語×多言語音声翻訳で小平から始めるおもてなし」と題したセミナーが開催され、国産多言語音声翻訳ツール「VoiceTra」開発元の国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)と一緒に講演しました。

Comments closed

「やさしい日本語とやさしい英語でおもてなし」(藤田玲子・加藤好崇、研究社)

当研究会代表の東海大学加藤好崇教授と、同じく東海大学で英語教育を専門とする藤田玲子教授による「やさしい日本語とやさしい英語でおもてなし」が、研究社から7月18日に発売されます。

Comments closed

テレビ神奈川・神奈川県広報番組「カナフルTV」でやさしい日本語特集!

2018年3月18日にテレビ神奈川で放送された神奈川県広報番組「カナフルTV」の、「やさしい日本語でお・も・て・な・し」が公開されています!柳川市の「やさしい日本語バッジ」が大活躍です!

Comments closed

2年目の柳川「やさしい日本語ツーリズム」、ドキュメンタリー公開。

2年目となった福岡県柳川市での「やさしい日本語ツーリズム」の取り組み。柳川観光大使を務める台湾の大学日本語講師郭獻尹(かく・けんいん)先生を迎えてのビデオが公開されました。

Comments closed

柳川で合計10回目のやさしい日本語研修会が行われました。

柳川総合保健福祉センター 水の郷(みずのさと)で、今年度最後となる5回目のやさしい日本語研修会が行われました。昨年度と合わせて合計10回の研修会が開かれたことになります。今年も最後は柳川高校の留学生の方々を相手に柳川市民がやさしい日本語で話すというものでした。

Comments closed

新ビデオ公開:留学生たちからの、メッセージ。

やさしい日本語ツーリズム研究会では、新しいメッセージビデオを製作しました。日本にいる留学生たちが「日本語で話しかけても、英語で話しかけられる」「日本人と友だちになるのは、時間がかかる」などの悩みを話しています。

Comments closed