Skip to content

カテゴリー: 研究・調査

国際交流基金・電通の共同日本語学習者調査結果の読み方補足。

12月20日に発表した国際交流基金・電通共同台湾・香港・韓国日本語学習者調査は、日本語教育関係者から驚きの目で見られているようです。これまでにない調査ですので、調査設計・実施した立場から、結果を読む上での留意点をまとめてみました(今後書き足していきます)。

台湾・香港・韓国の日本語学習者は推定800万人規模(国際交流基金・電通共同調査発表)

Comments closed

台湾・香港・韓国の日本語学習者は推定800万人規模(国際交流基金・電通共同調査発表)

株式会社電通は独立行政法人国際交流基金と共同で台湾・香港・韓国における日本語学習者に関する調査を行い、3国地域での18歳から64歳男女で現在日本語を学習している人が800万人規模でいるという調査結果を、2016年12月20日多言語対応ICT化推進フォーラムの「やさしい日本語の可能性」パネルディスカッションの席上で発表しました。(12/21追記:画像表中下2行に「日本語学習者」とあるのは、正確には「日本語学習経験者(現在学習中と過去学習したことがある人)」です。)

国際交流基金・電通共同調査 台湾・香港・韓国日本語学習者調査結果

Comments closed

海外日本語学習者がついに減少?

国際交流基金が3年に一度実施している、海外の日本語教育機関を対象とした調査(「海外日本語教育機関調査」)の結果が11月10日に発表され、2015年度の教育機関数・日本語教師数は増加したものの、学習者数は2012年度の398万人から365万人に減少していました。これをどうみればいいでしょうか。スクリーンショット 2016-11-11 0.30.01

Comments closed

接遇のための観光リソースと日本語の役割。

タイ日本共同国際研究集会、観光とコミュニケーションの報告です。

10月29日、バンコクのサイアム大学で観光とコミュニケーションに関わる研究集会が開かれました。私も観光コミュニケーション研究会のメンバーとともに参加してきました。

Leave a Comment

(独自調査)台湾人の日本語学習者数は200万人規模。戦後生まれの台湾人も、3人集まれば8割の確率で誰か日本語を話す。

おそらく日本初の調査。現在日本語を学習している台湾人(18-64歳男女)のは175万人〜240万人、従来統計の10倍以上という結果が出ました。

プレスリリースはこちら

Comments closed

柳川市調査:Facebook上台湾人日本語学習者の訪日回数は10回以上が21%と、最大ボリューム。

柳川市の許可を得て、同市が2016年1月に実施した台湾人学習者調査を紹介します。台湾人向けFacebook上の日本語学習支援グループと、個人旅行愛好家グループを対象にアンケートを実施したところ、台湾人日本語学習者の訪日回数は、10回以上の人が21%と最大ボリュームだという結果が出ています。

スクリーンショット 2016-08-15 21.49.13

Comments closed