Skip to content

吉開 章(よしかい あきら)

研究会代表

吉開 章(よしかい あきら)

やさしい日本語プロデューサー。電通ダイバーシティ・ラボ研究員。柳川観光大使。

福岡県柳川市出身。株式会社電通で主にインターネット広告と海外デジタル戦略を担当。会社員のかたわら2010年日本語教育能力検定試験に合格。Facebook上の巨大日本語学習者支援コミュニティ「The 日本語 Learning Community」を主宰。第二言語習得に関心が深く、外国人と同様に日本語を第二言語として習得する「ろう児・ろう者」への学習サポート活動も試行している。

2016年「やさしい日本語ツーリズム」企画を柳川市で実現

2020年7月 「入門・やさしい日本語」(アスク出版)上梓。

2021年9月 やさしい日本語ラップ「やさしい せかい」公開。

2021年11月 『ろうと手話 やさしい日本語がひらく未来』(筑摩選書)上梓。

メディア掲載、講演多数。公私ともにやさしい日本語の社会普及に尽力中。

日本語教育情報プラットフォーム(にほんごぷらっと)世話人・コラムニスト。日本観光振興協会「観光地域づくり研修ナビ」登録講師。

2022年講演・出演・参加予定

  • 愛知淑徳大学交流文化学部 交流文化概論(山本裕子教授)(2023/01/16)
  • 四国大学 後期教養講座(元木佳江准教授)(2022/10/25 オンライン)
  • 久留米大学附設高等学校進路講座(2022/10/22)
  • 文教大学文学部「多文化理解概論」(山川智子教授)(2022/09/28オンライン)
  • 沖縄国際大学総合文化学部「英米社会文化特論」夏季集中講義(北出慶子教授)(2022/08/23オンライン)
  • 岡山外語学院創立30周年記念講演(2022/08/06)
  • 生駒市人権教育研究会 教職員向け(2022/08/03)
  • 慶應義塾大学総合政策学部杉原由美研究会(2022/07/28)
  • 城西大学経済学部「基礎リテラシー国語」(2022/07/19)
  • 帝京大学教育学部「異文化コミュニケーション」(日野純子教授)(2022/07/13)
  • 山口東京理科大学(惠谷 誠司教授)(2022/07/12、オンライン)
  • 愛知大学国際コミュニケーション学部(高村めぐみ准教授)(2022/07/06オンライン)
  • 立命館大学文学部「異文化間コミュニケーション」(北出慶子教授)(2022/07/04オンライン)
  • ふじみ野市(2022/07/03)
  • 武蔵野美術大学多文化共生論(三代純平准教授)(2022/06/30オンライン)
  • 横浜市立大学都市社会文化研究科『地域CSR論』(影山摩子弥教授)(2022/06/22オンライン)
  • 世田谷区手話講習会(2022/06/21)
  • 中央大学 国際教育寮レジデントアシスタント向け(吉田千春助教)(2022/06/15)
  • 文京学院大学オープンキャンパス(2022/06/11)
  • 群馬大学共同教育学部「日本手話と日本語の違い」2年生(中野聡子准教授)(2022/06/09)
  • 白百合女子大学「異文化とコミュニケーション」(武田加奈子准教授)(2021/06/07)
  • 津田塾大学 言語政策(斎藤敬太講師)(2022/06/01)
  • 日本ハムファミリー会(2022/05/26)
  • 明治大学国際日本学部山脇ゼミ(山脇啓造教授)(2022/05/25)
  • 群馬大学共同教育学部「日本手話と日本語の違い」3年生(中野聡子准教授)(2022/05/24)
  • 北海道文教大学国際コミュニケーション学科「国際コミュニケーション論」(岡本佐智子教授)(2022/05/23、オンライン)
  • 明星大学人文学部「日本語教育法1」(高井かおり特任准教授)(2022/05/17)
  • 明治大学国際日本学部「多文化共生論」(山脇啓造教授)(2022/05/17)
  • 法政大学キャリアデザイン学部「多文化教育」(村田晶子教授)(2022/05/12、オンライン)
  • 大阪学院大学 Club KC(2022/05/11、オンライン)
  • 明治学院大学全学コース「多文化共生各論」(矢部まゆみ講師)(2022/05/10、オンライン)
  • 長野県聴覚障害者協会(2022/03/26)
  • 早稲田NEO(2022/03/04オンライン)
  • 三鷹市 三鷹ネットワーク大学(2022/03/02)
  • 八王子市生涯学習センター南大沢分館(2022/02/23)
  • 北海道観光振興機構(2022/02/16 オンライン)
  • 北海道文教大学「現代日本語論」((岡本佐智子教授)(2022/02/01 オンライン)
  • 世田谷区役所 職員向け(2022/01/13)

所属学会・団体

メディア掲載・寄稿実績

自治体・国際交流協会・観光協会・ボランティア向け講演実績

大学・学会などでの講義・ゲストスピーカー・発表

イベントなどでの講演・シンポジスト実績

Clubhouse

民間企業での講演実績

  • ECC外語学院 名古屋校(2021/06/05)
  • IT企業社員向け(2021/03/04, オンライン)
  • 大手流通研修(2019/08/23)
  • 大手流通研修(2019/07/08)
  • 大手流通人事幹部研修(2019/03/01)
  • ヒューマンアカデミー大阪校(2019/02/15)
  • ヒューマンアカデミー福岡校(2019/02/04)
  • ヒューマンアカデミー浜松校(2018/12/17)
  • ヒューマンアカデミー仙台校(2018/11/30)
  • セブン-イレブン・ジャパングループ研修 (2018/10/22)
  • ヒューマンアカデミー(オンライン中継)(2018/03/24)
  • 株式会社ダンク(2018/01/22)
  • ヒューマンアカデミー宇都宮校(2017/12/22)
  • ヒューマンアカデミー福岡校(2017/02/16)
  • ヒューマンアカデミー名古屋校(2017/01/25)
  • ヒューマンアカデミー大阪校(2017/01/24)

その他団体などでの講演実績

<抱負:やさしい日本語版>

わたしは、電通でんつうという 会社かいしゃはたらいています。広告こうこくを つくる 会社かいしゃです。でも、わたし趣味しゅみは、外国がいこくひと日本語にほんごおしえることです。

2010ねんに、日本語にほんご先生せんせいになるためのテストに かりました。でも、学校がっこうおしえたことは ありません。わたしは Facebookグループで、日本語にほんご先生せんせいと いっしょに 日本語にほんごおしえています。「The 日本語にほんご Learning Community(日本語にほんごコミュニティ)」という グループです。そこで勉強べんきょうしているひとは 15000にんぐらい います。先生せんせいも 300にんぐらい います。

わたしは、日本語にほんご勉強べんきょうしているひとたちを たくさん っています。みんな 日本にっぽん大好だいすきです。そして みんな 日本にっぽんって、日本語にほんごはなしたいと おもっています。でも、日本人にっぽんじんは、日本語にほんご勉強べんきょうしているひとのことを よくりません。日本語にほんごは とてもむずかしいので、日本人にっぽんじん英語えいごはなせばいいと おもっています。でも 日本人にっぽんじん英語えいごは とても へたです。

わたしは、日本語にほんご勉強べんきょうしているひとたちが 日本にっぽん旅行りょこうしたら、たくさん 日本語にほんごはなせるように したいです。それを 福岡ふくおかけん柳川やながわ市長しちょうさんに おねがいしました。すると、市長しちょうさんは すぐに 「いいね!」と ってくれました。

柳川やながわわたしまれた ところです。だから、いまわたしは、きな ふるさとで、きな 日本語にほんごのことを 仕事しごとに しています。そして、いろんなひとたすけてくれます。とても しあわせです。でも これは とても むずかしい 仕事しごとです。一生懸命いっしょうけんめい がんばりますので、応援おうえんしてください。


<抱負:普通の日本語版>

私は電通勤務のサラリーマンですが、2009年から外国人への日本語教育を趣味としてきました。

2010年に日本語教育能力検定試験に合格しましたが、教壇に立ったことはありません。その代わりFacebook上で「The日本語 Learning Community(日本語コミュニティ)」という非公開グループを主宰し、世界約140国地域から15000人以上の学習者に対して、300人以上の日本語教師有資格者(日本語学校に採用される一般的な基準を保有する者)と一緒に、プロボノ(専門性を持っているものの社会貢献)として学習支援しています。

この活動を通じて、私は世界中の日本語学習者を直接知ることができました。彼らはみな日本が大好きで、いつか日本に行って日本語で話したいと思っています。しかし、日本人はこのような日本語学習者のことをよく知りません。ネット上の日本語学習者数もわかっていません。日本語はとても難しいので、日本人が英語を話すべきだと考えています。しかし日本人の英語能力は一向に向上しません。

私は、観光関係者に日本語学習者のことを知ってもらい、彼らのために、日本語をお腹いっぱい話せる観光、市民と気軽に触れ合える観光を実現したいと考えました。このことを故郷である福岡県柳川市に提案したところすぐに賛同していただき、平成28年度の内閣府加速化交付金事業となりました。

私は今、好きな故郷で、好きな日本語学習者のことを仕事にすることができました。そして研究会メンバーほか多数の関係者の方の賛同・協力をいただいており、大変光栄に思っています。しかし日本人の外国人観・英語観・日本語観を変えていくのは容易なことではありません。特に地方においてはさらに困難なことかもしれません。柳川市のプロジェクト・研究会の活動を通じ、大きな変革にチャレンジしたいと思います。よろしくお願いします。

YNTSquarelogo-300x300